よるにみるゆめ

イラスト、文章は勝手に持ち出さないようお願いします。もっぱらツイッターのログ置き場となっております。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP読書感想 ≫ ライマン・フランク・バウム『オズの魔法使い』

ライマン・フランク・バウム『オズの魔法使い』

 『古典ファンタジーをふと読みたくなる症』が発症しました(何それ)。名前が売れてるほど、意外と読んだことないものなんですね。
 話は、アメリカのカンザスに住む女の子ドロシーが、犬のトトと一緒に竜巻により家と共に吹っ飛ばされるところから始まります。吹っ飛ばされた割には無傷で着地したドロシー(そこがファンタジー)、知らない間に東の魔女と呼ばれる悪い魔女を踏んづけてました。東の魔女に奴隷にされていたマンチキンの国の人々(ちっちゃいメルヘンおっさん)に感謝され、しかも魔女扱いされるドロシーの前に北の魔女(良い魔女)が出てきます。
 カンザスに帰りたいドロシーは、エメラルドの都というところにいる、偉い魔法使いのオズ大王に会いに行くことになります。東の魔女の履いていた銀の靴をはいて、エメラルドの都までつづいているという黄色いレンガの道(親切な旅路だなおい)を旅してゆくドロシーとトト。途中、脳みそを欲しがるカカシ、心臓を欲しがるブリキの木こり、勇気を欲しがる臆病なライオンと仲間になります。
 体が熊で頭が虎という、怖いんだかどうだか微妙な怪獣に襲われたり、一度眠ったら二度と目覚めないケシの花の野に入り込んだりと波乱万丈な旅をして、本のちょうど中間辺りで一行はオズの国に到着します。オズ大王は、見る度に違う姿をする不思議な人でした。すぐに願いを叶えてくれるかと思いきや、妙にぐだぐだ言うオズ大王。願いを叶えて欲しければ、今度は西の悪い魔女を殺してこい、と言われ、一行は仕方なく西の魔女をやっつけに行きます。
 ………と、ここから先はネタバレするとつまらない所なので、(沢山の人が読んでると思いますけど)あらすじ終了。
 もうちょっと簡単な話だったような気がしたのですが、案外長い話でした。オズ大王はちゃんと願いを叶えてくれますけど、「おいおいアンタそんなんで納得するんかい」というような荒っぽい叶え方をしてくれます。
 ミステリだの近年のファンタジーだのを読んでひねくれた本の読み方をするようになってた私の頭を初期化させて、文章を素直に受け取るように読むという行為を久々にさせてくれました。だって北の魔女とか、
「わたしは、よい魔女ですから、みんなに好かれております。」
とか堂々と自己申告しちゃうような世界観ですから。自分が良い魔女とかって、自分から言われると物凄い抵抗あります。ウソつけお前、みたいな。
 魔女だの魔法使いだのが出る割に、あまりそれを意識させない気がします。魔女、魔法使いを脇役に回してるからそう感じるのでしょうか、カカシやブリキやライオンが喋るのも別に不思議を強く感じません。恐るべし。
 話の流れとしては、仲間をつくって旅をする、っていう桃太郎的お決まりコースなファンタジーですね。その流れをどんだけ楽しませるかで、話が面白いか面白くないか決まると思うのですが、『オズの魔法使い』はその辺しっかり楽しめて、流石に長い間親しまれているだけあるなあと思います。最初の出版が1900年だという話ですから、105年たってる訳だ。一世紀越えちゃったよ長生きだな!!
 あー、物語って死なないんですね。偉大っす。
スポンサーサイト

Comment

編集
いいねぇオズ!
というか原作は児童向けのを読んだっきりなんだけれども。
「わたしは、よい魔女ですから、みんなに好かれております。」
にすっごいウケました(笑)
ちなみに私はアニメ版が大好きだよ。
誠さんはたぶん知らないと思うくらい
マイナーだけどね!カカシさんが
好きです。
ところで原付の記事にもうひとつコメントしたのだけど、
気づいたかなぁ…?
もし気が向いたら見てやってくださいませ。
2005年09月28日(Wed) 19:53
トラバ送信させていただきました。
編集
【オズの魔法使い】の言葉をキーワードにトラバ送信させていただきましたぁ!
お邪魔でしたら削除して下さい。^^

オオーw(*゜o゜*)wっと思ったら受付&トラバ返しして下さい。^^
どうもお邪魔しましたぁ。
2005年09月29日(Thu) 09:17
編集
私もトラックバックさせて頂きましたよ。
初トラックバックです(どきどき)、ありがとうございましたーm(_ _)m
2005年10月02日(Sun) 00:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ずっと怒ってた。
タンカ切ってずっと怒ってました。どこかへ行くにも、何をするにも・・・・
2005年09月29日(Thu) 09:15